海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

ギリシャ政府の新型コロナウイルス感染症対策(当地におけるワクチン接種について)

 ギリシャでは、優先度に応じた新型コロナウイルスのワクチン接種が開始されており、1月13日の時点で、医療関係者や高齢者施設入居者・職員などを対象に、既に約6万5千件の接種が行われたとのことです。

 今後は一般市民に対する接種が予定されており、1月11日から、85歳以上の方の予約が既に開始され、早ければ1月16日から接種を開始する予定とのことです。

 昨年12月24日にも、当館からワクチン接種予定についてメールにてお知らせさせていただきましたが、その後のギリシャ政府発表等をもとに、新たに判明した事項を更新しましたので、詳しくは下記をご覧ください。

1 ワクチン接種予定

 12月27日から、優先度に応じて下記のとおり3段階に分けて接種が開始されています。先ず医療関係者、高齢者、感染によるリスクが高い既往症を有する方々に対する接種が行われています。今後は高齢の方を優先に、一般市民の接種が予定されており、1月11日から既に85歳以上の方々の予約が開始され、早ければ1月16日から接種を開始する予定とのことです。

【優先度に応じた3段階の接種予定】

■第1段階(12月27日〜1月10日)

・医療関係者

・老人ホーム入居者・職員等

■第2段階(1月16日〜)

・70歳以上の者(先ず85歳以上、次いで80歳、75歳、70歳以上の者と順次接種予定)

・既往症を有し、年齢に関係なく感染することでリスクが極めて高い者

・60〜69歳の者

・18〜59歳の者で既往症を有し、感染することでリスクがある者

■第3段階(6月〜)

・18〜59歳の者

 ワクチン接種についてはあくまで任意で、強制ではなく、無料で行われるとのことです。なお、現在ギリシャで使用されているワクチンについては、その効果を得るには、概ね21日間の間隔を空けて2回の接種が必要となりますが、一度の予約で1回目と2回目の接種の予定が同時に決定する仕組みとなっているとのことです。

2 ワクチンの接種対象

 邦人を含む在留外国人がワクチン接種の対象になるかどうか、当館から保健省に問い合わせたところ「在留外国人も対象となる」と口頭での回答は得られていますが、現時点では正式な発表は確認されていません。 なお、同様に旅行者が対象となるか問い合わせたところ「現時点では何も決定されていない」とのことでした。

3 接種対象となっているかどうかを確認する方法(AMKAをお持ちの場合)

 ワクチン対象者は上記予定のとおり段階的に拡大されていく予定となっていますが、ご自身が接種対象となっているかどうかは、次のとおりの方法でも確認できるとのことです。

ア https://emvolio.gov.gr/にアクセスし、氏名とAMKA(社会保障番号)を入力する

イ 「13034番」にSMSを送信する(詳細は不明)

4 当地でのワクチン接種予約方法 (ギリシャ政府特別サイトhttps://emvolio.gov.gr/等から抜粋)

(1)「電子処方箋」データベースによる予約の自動送信

 ギリシャ政府「電子処方箋」データベースに登録されている方は、上記の優先度に応じた段階に基づき、該当時期に自動的にSMSや電子メールでワクチン接種の予約情報(日時、場所)及びコード番号が送られてくるとのことです。

(「電子処方箋」データベースへの登録には、税務署電子システム(TAXISNET)のユーザーネームとパスワード、社会保障番号(AMKA)、携帯電話番号かEメール、住所等が必要とのことです。)

 予約は72時間以内に確定しなければならず、予約コード番号のみを本文としたSMSを「13034番」に送ることで、予約が確定されるそうです。

 なお、対象となっているはずなのに予約情報を受け取っていない場合、または指定された予約日時を変えたい場合は、下記(2)〜(5)の方法により、(自身が接種対象となっているか確認した上で)予約・変更できるとのことです。

ギリシャ保健省によれば、1月11日から85歳以上の市民にSMS送信を開始したとのことです。

(2)ギリシャ政府のインターネット特別サイトでのオンライン予約

 インターネット特別サイトhttps://emvolio.gov.gr/に税務署電子システム(TAXISNET)のユーザーネームとパスワード及びAMKAを入力してアクセスすることで予約を申し込む方法です。サイト内では、1回目・2回目のそれぞれの予約について、日時、接種場所を選べるとのことです。予約後、SMSまたは電子メールで予約情報が送られてくるので、確定するとQRコードが発給されるそうです。

(3)薬局での予約

 身分証明書・旅券などを持参し、AMKAを基に予約を申し込むことができ、予約が確定すると、QRコードが発給されるとのことです。

(4)KEP(行政サービスセンター)での予約

 身分証明書・旅券などを持参して、AMKAを基に予約を申し込む方法です。予約が確定すると、QRコードが発給されるそうです。また、詳細は未判明ですが、KEPでは第三者による代理予約申請が可能とのことです。

(5)コールセンターへの電話予約 (中止の可能性あり)

 以前のギリシャ政府の発表では、コールセンターに架電し、AMKAと本人確認情報(氏名、生年月日等と思われる)を伝えることで予約が可能となるとのことでしたが、その後、追加発表がなされていないことから、中止された可能性があります。

5 AMKAをお持ちでない方の予約方法

 当館からギリシャ保健省に確認したところ、AMKAを持っていない在留者の方の予約方法については「今後、KEPで予約をできるようになる予定だが、まだ準備が整っていない」とのことでした。

6 予約の変更回数

 確定した予約については、接種予定時刻の72時間前までに1回だけ可能とのことです。

7 接種時の流れ

 予約当日の3日前に、予約確認と接種実施に関する案内(発熱していないことの確認等)のSMSまたはEメールが送られてくるそうです。

 ワクチン接種時には本人確認書類(身分証明書、旅券など)及び、上記SMSなどで受け取った予約コード番号もしくはQRコードが必要とされ、プリントアウトまたは携帯電話画面などに表示して提示する必要があり、その後、医師の診断を受けて問題がなければ、ワクチンを接種することになるそうです。

 なお、関連法律によると、接種前には診断書への署名を求められるとされています。

ギリシャ日本国大使館

電 話:210-670-9910、9911   

F A X:210-670-9981

H P:http://www.gr.emb-japan.go.jp

メール:consular@at.mofa.go.jp