海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

「新型コロナウイルス関連情報、他」(その40:非常事態宣言の継続及びデング熱への注意喚起)

東ティモール国内での新型コロナウイルスの感染者は、1月30日(土)に新たに1人が発表され、現在の累計感染者数は70人となっています。

東ティモール政府は、東ティモール国内での新型コロナウイルスの拡大防止措置を引き続き実施するためとして、非常事態宣言の継続を決定しました。継続の期間は、2月2日(火)0時00分から3月3日(水)23時59分までの30日間です。

デング熱の罹患に注意して下さい。

1 新型コロナウイルス感染状況

 東ティモール国内での新型コロナウイルスの感染者は、1月30日(土)に新たに1人が発表され、現在の累計感染者数は70人となっています。

○在東ティモール日本国大使館ホームページ

 http://www.timor-leste.emb-japan.go.jp

東ティモール保健省フェイスブック

 https://web.facebook.com/MinisteriodaSaudeTL/

2 非常事態宣言の継続

 東ティモール政府は、東ティモール国内での新型コロナウイルスの拡大防止措置を引き続き実施するためとして、非常事態宣言の継続を決定しました。継続の期間は、2月2日(火)0時00分から3月3日(水)23時59分までの30日間です。

 在留邦人の皆様におかれては、商業施設や公共機関等でのマスクの着用や手指消毒の励行等、引き続き新型コロナウイルスの感染防止に努めるとともに、従前の措置内容を遵守し、不要なトラブルに巻き込まれないように留意して下さい。

3 デング熱罹患の注意喚起

 雨期に入り、デング熱の罹患に注意を要する時期となっています。デング熱は蚊(ネッタイシマカヒトスジシマカ)を媒介しデングウイルスに感染し発症(発熱、頭痛、関節痛等)する感染症で、予防薬や有効なワクチンは有りません。東ティモール国内では、既に複数の罹患者が報告されており、子供等の死亡も報告されています。

 デング熱に罹患しないためには、何よりも「蚊に刺されないこと」が重要です。予防策としては、

(1)肌の露出の少ない服装を心がける(長そで、長ズボンを着用し、サンダルは避ける)。

(2)外出の際は、虫除けスプレー(ディートという成分が含まれているもの)を使用することも有効。

(3)室内では防虫スプレー、蚊取り線香・マットを使用するほか、就寝のための蚊帳の使用も有効。

(4)住居環境の確認(蚊の生息を助長するような水たまりはないか、ゴミの散乱等不衛生な場所はないか、定期的な薬剤の噴霧が行われているか等)。

厚生労働省ホームページ(デング熱について)

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000131101.html

○外務省海外安全ホームページ

  https://www.anzen.mofa.go.jp/

  (PC版・スマートフォン版)

  https://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html

厚生労働省ホームページ(新型コロナウイルス感染症について)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

 ・新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

厚労省のヘルプデスク連絡先)

・外国からかける場合:+81−3−3595−2176(日本語,英語対応可)

・対応時間:日本時間の9:00〜21:00(土日含む)

渡航先における情報を迅速に入手するためにも、「たびレジ」が大変便利です。第三国へ渡航の際は、下記のリンクから訪問先の「たびレジ」に是非登録をお願いします。(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html 参照)

【問い合わせ先】

東ティモール日本国大使館領事・警備班

住所:Avenida de Portugal, Pantai Kelapa, Dili, Timor-leste

電話:(国番号670)332-3131〜2  緊急電話:7723-1127

ホームページ:http://www.timor-leste.emb-japan.go.jp

メール:ryoji.timor-leste@di.mofa.go.jp

(了)