海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス関連情報(ロックダウンの継続並びに小学校及びチャイルドケアの再開等)

 本日2日(火)午後7時より、ルッテ首相及びデ・ヨンゲ保健・福祉・スポーツ大臣が新型コロナウイルス対策に関して記者会見し、昨年12月15日(火)から実施されているロックダウンが3月2日(火)まで継続されることや小学校及びチャイルドケアが2月8日(月)から再開されることなどについて発表しました。

 この発表に関連し、オランダ政府がホームページ上に具体的な内容を公表しておりますので、その概要について以下のとおりお知らせいたします。

 なお、詳細は、「 https://www.government.nl/latest/news/2021/02/02/coronavirus-situation-remains-serious-lockdown-extended 」(英語)をご参照ください。

1 学校及びチャイルドケア

(1)小学校、チャイルドケア及び特別(初等)教育は、2月8日(月)以降、完全な形で再開する。関係省庁は、まもなく、これらの施設において、感染拡大リスクを抑制するための追加的なガイドラインを公表する(注:記者会見の質疑応答では、再開の決定は、英国型変異株は児童や児童間で、大きな感染を引き起こすものではないとの調査結果に基づくものである旨の言及がありました。)。

(2)学童(BSO)は、接触機会や感染を増大させ得るため、引き続き、閉鎖する。

(3)中・高等学校は、最短でも3月1日(月)まで閉鎖する(注:対面式で授業を受けることができる例外は、前回から変更ありません。)。

2 必須でない小売店における注文商品の受取

 必須でない小売店は、引き続き、閉鎖するが、2月10日(水)以降、客は最短でも4時間前までに商品を(オンラインや電話で)注文し、予約制で店舗において商品を受け取ることができる(注:記者会見の質疑応答では、商品の受け取り場所は屋外に設置されるほか、商品の受け取りは一人で行うことなどが述べられました。)。

3 夜間外出禁止

(1)夜間外出禁止は、2月10日(水)午前4時30分まで行われる(注:記者会見では、Outbreak Management Team(OMT)(注:政府に対して勧告を行う専門家会議)は延長を助言する可能性がある旨、言及がありました。)。

(2)政府は、Outbreak Management Team(OMT)に新型コロナウイルスの最新状況や措置(夜間外出禁止を含む。)に関する助言を求めており、これに基づき、政府は来週はじめに、措置の評価を行う。

4 コロナ対策を盛り込んだロードマップの改訂

(1)政府は、改訂されたロードマップに基づき、今後、措置の緩和や強化の判断を行う。このロードマップにより、感染者数の増加や医療機関が逼迫等している場合に必要な措置や、措置緩和の可能性が見えてきた場合にどの措置を緩和するのかを明確にする。

(2)措置の緩和は、段階的かつ慎重に行われ、新たな措置の導入は速やかに行うことが重要である。ロードマップの内容は、新型コロナウイルスに関する最新の知見や対策の効果に合わせて絶えず更新していく必要がある(注:記者会見では、措置の実施は、昨年行われたような地方レベルではなく、中央政府レベルでとられることとなるが、実施される措置は地域ごとに異なる可能性があり得る旨の言及がありました。)。

5 その他の措置

 現時点で有効とされている措置(可能な限り自宅に留まること、自宅への訪問客の制限(1日あたり1名まで)、自宅勤務の強い要請、外出時の2名までの集団形成(家族を除く。)、運動時のルール、店舗等の閉鎖、海外への渡航等)については、3月2日(火)まで有効(注:こちらの詳細についても上記リンクを参照ください。)。

こちらは在オランダ日本国大使館Eメールサービスです。

このEメールは,在留届およびたびレジに登録されたEメールアドレスに自動的に配信されております。

在オランダ日本国大使館

電話番号: +31-(0)70-3469544

Eメールアドレス: consul@hg.mofa.go.jp

ホームページ: https://www.nl.emb-japan.go.jp/indexj.html

たびレジ簡易登録をされた方でEメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願い致します。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete