海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

ルワンダ入国に必要な手続き等

ルワンダ政府より、令和3年2月8日から、ルワンダへの入国に必要な手続き・入国後の措置が変更されると発表されました。

(Announcement)

https://www.rbc.gov.rw/fileadmin/user_upload/annoucement/Info%20note%20for%20passengers%20arriving%20in%20Rwanda%20FEBRUARY%204%202021.pdf

渡航前には必ずルワンダバイオメディカルセンター(以下RBC)のホームページ(https://www.rbc.gov.rw)を通じて最新情報の入手を心掛けてください。

・以下は渡航者の便宜の為に部分的に翻訳しましたが、内容についてはRBCにご確認下さい。

1 入国に必要な手続き

(1)出発72時間以内のPCR検査

出発地を発つ72時間以内にReal Time Polymerase Chain Reaction(RT-PCR)法によるCOVID-19の検査を受検し、その陰性証明を取得して下さい。抗原検査等その他の検査方法は認められません。5歳未満のお子様の検査結果取得は必須ではありません。

(2)空港到着までのPassenger Locator Formの登録

RBCのホームページ(https://www.rbc.gov.rw)から手続きをして下さい。登録には旅券,フライト情報に加え、陰性証明書の写真データが必要です。

(3)キガリ空港におけるPCR検査の受検

空港でのPCR検査代として60米ドル(検査費50米ドル、ロジスティック費10米ドル)を支払う必要があります。

(4)指定ホテルでの24時間待機

ルワンダに到着した渡航者は、指定のホテルにて空港到着時の検査結果が出るまで24時間待機します。

(5)7日間の自主隔離

ルワンダに到着した渡航者は、指定されたホテルから出た後、7日間の自主隔離が必要です。

(6)自主隔離以降の最終検査

7日間の自主隔離の後、最後の検査が必要です。

・以上の手続きは、今後変更される可能性はあるので渡航前には必ずRBCのホームページで確認するなど、最新の情報の入手に心掛けて下さい。

2 参考資料

  ルワンダバイオメディカルセンター(RBC)ホームページ

  https://www.rbc.gov.rw

ルワンダ日本国大使館  

電話 +250-25-250-0884 メールアドレス rw.emb-japan@kq.mofa.go.jp

領事班(鈴木・笹尾・木全)+250-(0)78-838-5404

出発前には海外安全ホームページをチェック!

https://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を変更・停止したい方は、以下のURLから手続きをお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth(変更)

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete(停止)