海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

ギリシャ政府の新型コロナウイルス感染症対策(国内制限措置の一部強化)

 2月5日、ギリシャ市民保護省は新型コロナウイルス感染症の感染拡大への対策として、国内制限措置を一部強化しました。この変更は、2月6日(土)から15日(月)までの間、有効とのことです。

 この変更により、アテネを含むアッティカやテサロニキに対しても、土日の午後6時から翌朝午前5時までの夜間外出禁止措置など、より厳格な措置が課せられましたので、ご注意ください。

 なお、今回の変更では、レベルB(赤色、危険レベル)地域に対する制限変更がなされていますが、レベルA(黄色、警戒レベル)地域に対する変更は発表されていません。また、今回の変更に関しては官報が未だ掲載されておりませんので、詳細が判明次第、改めてお知らせさせていただきます。

【対象地域(レベルB(赤色、危険レベル))(2月6日午前6時時点)】

(1)特に感染拡大が見られ、最も厳しい制限措置の対象となる5地域

シラ市(サントリーニ)、ミコノス市、アハイア郡パトラ市、ラシシ郡アギオス・ニコラオス市、エヴィア郡ハルキダ市

(2)レベルB制限措置対象地域

コザニ郡エオルディア市、ビオティア郡テーベ市・タナグラ市、ラコニア郡スパルタ市、ザキンソス市、レスボス郡、レシムノ市、ピエリア郡ピンドス-コリンドロス市、エヴィア郡ディルフィス-メサピア市、イリア郡アンドラビダ‐キリニ市、ラリサ郡テンビ市

(3)レベルB地域だが一部制限内容が異なる3地域

アッティカ県、テサロニキ郡、ハルキディキ郡

■1 特に感染が拡大している5地域に対する制限措置

 特に感染が拡大しているシラ市(サントリーニ)、ミコノス市、アハイア郡パトラ市、ラシシ郡アギオス・ニコラオス市、エヴィア郡ハルキダ市に対する措置。

(1)午後6時から午前5時まで夜間外出禁止とする(健康上の理由、通勤、ひとりでのペットの散歩は例外)

(2)小売店、美容院、理髪店、ネイルサロン等の美容店、車検場(KTEO)、ロッタリー店の営業禁止

(3)スーパーマーケット、食料品店、薬局は営業可

(4)全ての学校の閉校(ミコノス市とシラ市の小学校、幼稚園は開校)

(5)市外への移動は仕事上の都合のみ可

(6)裁判所の開廷禁止

(7)教会等での宗教儀式の禁止(葬儀、個人礼拝を除く)

■2 レベルB地域に対する制限措置

 レベルB地域(コザニ郡エオルディア市、ビオティア郡テーベ市・タナグラ市、ラコニア郡スパルタ市、ザキンソス市、レスボス郡、レシムノ市、ピエリア郡ピンドス-コリンドロス市、エヴィア郡ディルフィス-メサピア市、イリア郡アンドラビダ‐キリニ市、ラリサ郡テンビ市)に対する措置

 上記の地域に対する措置ついては、今回、特段の発表がありませんでしたので判然としませんが、従前のレベルB地域対象の制限措置が課せられるものと見られます。官報が掲載され次第、改めてお知らせさせていただきます。

 従前のレベルB地域に対する制限措置については、以下のリンク(当館作成資料)をご参照ください。

https://www.gr.emb-japan.go.jp/pdf/list_20210201.pdf

■3 レベルBだが一部制限内容が異なる3地域に対する制限措置

 アッティカ県、テサロニキ郡、ハルキディキ郡については以下の制限を課す。

(1)高校はオンライン授業とし、他の学校は開校

(2)小売店はClick away方式(事前予約し、店外で受け取る方式)のみとし、Click in shop方式(事前予約をして店内で購入する方式)は禁止

(3)美容院、理髪店、ネイルサロン等、車検場(KTEO)は今まで通りの条件で営業可

(4)小売店、美容院等は平日午前7時から午後8時まで営業可とし、土日は営業禁止

(5)土曜日についてはスーパーマーケット、食料品店、パン屋、ガソリンスタンド、薬局のみ営業可とし、午前7時から午後5時の任意の時間で営業可

(6)ライキ(朝市)は次の土曜日(2月13日)から、土日営業禁止

(7)土日は午後6時から午前5時まで夜間外出禁止(平日については午後9時から午前5時まで夜間外出禁止)

ギリシャ日本国大使館

電 話:210-670-9910、9911   

F A X:210-670-9981

H P:http://www.gr.emb-japan.go.jp

メール:consular@at.mofa.go.jp