海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)PCR検査陰性証明の取得について(2021.2.9更新)

 1月8日、日本では、特別措置法に基づく緊急事態宣言が発出されたことに伴い、全ての入国者・再入国者・帰国者は、日本に入国する際に、出国前72時間以内の新型コロナウイルス感染症PCR検査陰性証明の提出が求められることになりました。

 モンゴルでは、チャーター便に搭乗する場合に限り、以下の医療機関PCR検査陰性証明を取得することができます。(以前ご案内しましたとおり、臨時PCR検査センターでチャーター便に搭乗しない場合でもPCR検査を受けられますが、陰性証明書は発行してもらえません。)

PCR検査陰性証明を取得できる医療機関

国立感染症センター

所在地:バヤンズルフ区ナラントール・ザハの北側

電話:8008-6829(COVID-19検査担当、モンゴル語のみ)

診療時間:AM 8:30 〜 PM 1:00

料金: 82,000 MNT

*正門を真っすぐ進み、右手の新しい建物を通り過ぎると、黄色いレンガ造りの建物が見えます。この建物に描かれた大きな絵の真下に外来入口があります。

PCR検査の受け方

 チャーター便の搭乗日が決定した時点で同医療機関に、受検日をお尋ねください。なお、受検に際し予約は不要です。通常は、48時間(2日)後に結果を受け取ることができます。ただし、乗り継ぎ等で日本入国までに72時間を超えることが予想される場合や、出発日が水曜日であるにもかかわらず、日曜日に検査を実施していないため、月曜日に受検せざるを得ない場合等には、24時間(1日)で受け取れるよう便宜を図ってくれるようです。

 また、受検する際に「出発前検査証明フォーマット」を提出しておけば、指定された日(1〜2日後)に検査結果を転記した同証明書(手書き)を受け取ることができます。なお、医療機関の負担を軽減する、また、記載ミスを防ぐ目的で、同フォーマットには、氏名、生年月日、旅券番号等の個人情報をあらかじめ記載しておくことをお勧めします。

有効な「出発前検査証明フォーマット」については、以下を参照してください。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html

【問い合わせ窓口】

在モンゴル日本大使館 領事班

EMBASSY OF JAPAN IN MONGOLIA

C.P.O. Box 1011

Elchingiin gudamj 10, Ulaanbaatar

14210, Mongolia

電話: (976)11-320777 開館時間:9:00-13:00, 14:00-17:45

FAX: (976)11-313332 メール: consul-section1@ul.mofa.go.jp

休日・夜間の緊急連絡先: (976)7004-5004

(了)