海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス感染症関連情報

9日,ニカラグア保健省は2月9日までの新型コロナウイルス感染症の感染者数等について発表しました。引き続き,不要不急の外出を控え,人との接触を減らし,感染予防に努めてください。なお,PCR検査が国の施設1か所にとどめおかれているために多くの市民は検査なしにコロナの症状が発生すれば,薬局で抗生物質等を購入し,自宅にて治療を進める場合も少なくないと言われており,実際の感染者数は統計数字よりかなり大きいものと考えられますので,念のため。

本メールの新型コロナウイルス感染症関連情報は,「新型コロナウイルス感染者数」,「国際商用便の運航状況」,「日本入国の際の留意事項」,「乗り継ぎの際の留意点」,「渡航の際のPCR検査実施場所」,「ニカラグア入国の際の留意事項」です。

新型コロナウイルス感染者数

○ ニカラグア保健省によりますと,2月9日現在,新型コロナウイルス患者は累計5,064名,死亡者は171名です。

〇 市民監視団体(「Observatorio Ciudadano COVID-19 Nicaragua」)によれば,2020年3月14日から今年2月3日までに,全国で12,777人の新型コロナウイルス感染及び感染疑いが報告されています。 同期間に,新型コロナウイルスの感染により亡くなった疑いの濃い死者数は2,951人と報告されています。

●国際商用便の運航状況(最新の情報は,随時,各航空会社のHPでご確認ください。)

・再開済み

アビアンカ航空コパ航空

・再開予定

アエロメヒコ航空:3月4日 

アメリカン航空 :3月4日

ユナイテッド航空:4月1日

スピリット航空 :未定

・その他

  特別便が運航することもありますので,詳細は当地旅行会社にお問い合わせください。

● 日本入国の際の留意事項

1月8日、日本国政府は、水際対策強化に係る新たな措置として、緊急事態宣言期間における検疫の強化について決定しました。これに伴い、緊急事態宣言の解除宣言が発せられるまでの間、全ての入国者・再入国者・帰国者に対し、出国前72時間以内の検査証明の提出を求めるとともに、入国時の検査を実施することとなります。日本への御帰国等の際には、出国前72時間以内の検査証明のご取得など、御留意いただくとともに、最新の情報を御確認ください。

海外安全ホームページ

https://www.anzen.mofa.go.jp/(PC版・スマートフォン版)

http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

● 乗り継ぎの際の留意点

乗り継ぎの際,経由地が検疫の強化の対象国・地域に指定されている場合は、最終の経由地における出国時刻を起算点として,72時間以内の検査証明をニカラグア等で取得してください 。

一方,経由地で空港外に出て滞在する場合は,滞在地のPCR検査の陰性証明書の取得が必要になることがあります。

厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)

日本国内から:0120-565-653

海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

渡航に際してのPCR検査実施場所等

1 対  象  者:他国に渡航予定で、PCR検査の陰性結果証明書の必要がある方

2 費    用:150米ドル

3 検査実施場所:マナグア市、El Complejo Nacional de Salud Dra.Concepcion Palacios内 El centro Nacional de Diagnostico y Referencia(略称「CNDR」)

4 実 施 日 時:月〜土 午前8時〜午前11時

5 結果通知日時:検査実施日の午後4時から午後5時

6 必 要 書 類等:

(1)身分証明書(身分証(Cedula)又は旅券)

  (2)航空券、若しくはフライトの旅程表

  (3)検査費用の支払い方法

    ア 現金払いの場合

      El Complejo Nacional de Salud Dra.Concepcion Palaciosの会計窓口における現金払い

    イ 振込払いの場合

      検査実施時に、以下、いずれかのBANPRO(el banco de la Production S.A)発行の振込証明書を提示して下さい。

    (ア)コルドバ払い:口座番号「10010002253784」の「TGR-MINSA」名義のもの

     又は、

    (イ)ドル払い:口座番号「10010012253774」の「TGR-MINSA」名義のもの  

ニカラグア入国に際する留意事項

1 旅行者の出発地がアジア,アフリカ,オセアニアの各地域の場合,入国時に,「入国前,96時間以内に実施されたPCR検査の陰性である証明書(英語又はスペイン語表記のもの)」を提示する必要があります。

2 それ以外の旅行者は,入国時,「入国前,72時間以内に実施されたPCR検査の陰性結果の証明書(英語又はスペイン語表記のもの)」を提示する必要があります。

3 外国人旅行者は,入国時,発熱や呼吸疾患などCOVID−19に関連する症状がみられた場合は,入国が拒否されます。

4 ニカラグア国籍の方は,PCR検査の陰性証明書提示した場合,入国時に発熱や呼吸疾患の症状がある場合でも入国できます。しかし,確立された手続きに従って,自宅での隔離が行われます。

5 PCR検査の陰性結果を提示し,かつ呼吸疾患の症状がみられない旅行者は,入国後,国内を自由に移動できます。但し,入国から14日間,医療従事者から電話による健康状態の確認があります。

※これまで航空会社によっては,PCR検査の陰性証明書の検体採取方法を「鼻咽頭ぬぐい液方式」を指定してきた場合がありますので,詳細は航空会社・旅行会社にご確認ください。

「鼻咽頭ぬぐい液方式」:「英語表記:Nasopharyngeal Swab」,「スペイン語表記:Hisopado」

参考:当館HP 新型コロナウイルス関連情報

https://www.ni.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

参考:ニカラグア国政府新型コロナウイルス関連サイト(保険省HP)

http://www.minsa.gob.ni/

参考:外務省海外安全HP

https://www.anzen.mofa.go.jp/

参考:厚生労働省ホームページ(新型コロナウイルス感染症について)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

ニカラグア日本国大使館 領事班

Embajada del Japon en Nicaragua, Seccion Consular

TEL:(505)2266-8668〜8671 FAX:(505)2266-8566

メール: consuladojp@mg.mofa.go.jp

緊急時:(505)8853-3130