海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス関連(偽造陰性証明所持者の逮捕事案)

・最近、ベナンでは新型コロナウイルスの偽造陰性証明を所持している者の逮捕事案が複数発生しています。

・当国では、新型コロナウイルスの検査は国が管理し、所定の機関のみが検査証明を発行します。

・病院や民間クリニック、旅行会社等が検査証明を発行することは一切ありません。

1.逮捕事案の発生

政府発表や報道によれば、ベナン人及び外国人が、新型コロナウイルス検査の偽造陰性証明等を所持していたことで逮捕される事案が相次いでいます。ベナン人が海外で逮捕されたケースも発生しています。

当国では、新型コロナウイルスの検査は国が管理し、決められた場所においてのみ検査を受けることが可能です。また、検査結果は、国立ウイルス性出血熱研究所のみが発行することになっています。

従って、一般の病院やクリニック、旅行会社、個人等が検査結果の発行に関与することは一切ありません。

この偽造書類の発行事案の真犯人は未だ特定されていませんが、手口としては旅行会社による詐欺、空港において個人(仲介者)が斡旋してくることが多いようです。なお、保健省職員が本件に関わったとされ、逮捕されています。

2.留意事項

(1)基本原則として、ベナン出入国者は渡航に先立ち、事前に衛生管理オンライン・フォームに渡航情報等を登録し、PCR検査費用をクレジットカード又はモバイルマネーで支払わなければなりません。そして、印刷した領収書を身分証と共に検査所に持参し、受検することになります。そのため、この手続きに第三者が関わってくることはありません。

(2)ウンパティン保健相は、このような行為は他者の命を危険にさらす重大犯罪とし、厳しく対処すると表明しています。

(3)今後は「知りませんでした。」で済む話とはなりませんので、十分注意してください。陰性証明発行の話を持ち掛けてくる業者や個人を認知した場合には、警察又は保健省へ通報するようお願いいたします。

本件に関する資料(ベナン政府発行)

https://www.gouv.bj/actualite/1156/proces-faux-tests-covid-19-agent-sante-condamne-24-mois-emprisonnement-ferme/

https://www.gouv.bj/actualite/1159/manipulation-tests-covid-19-ministre-benjamin-hounkpatin-annonce-lutte-implacable-contre-faussaires/

https://www.gouv.bj/actualite/1169/faux-tests-covid-19---3-etrangers-pays-voisin-arretes/

(現地大使館連絡先)

○在ベナン日本国大使館

住所:Zone Residentielle de Cotonou sis a Djomehountin, 12eme arrondissement, COTONOU, BENIN (郵便物宛先:Ambassade du Japon 08 B.P.283 Tri Postal, Cotonou, Benin)

電話:(市外局番なし)21-30-59-86  (執務時間外・緊急の場合)97-97-56-99

国外からは(国番号229)21-30-59-86

ホームページ:https://www.bj.emb-japan.go.jp/j/

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete