海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス陽性患者の隔離期間の変更

1 ヴェラン連帯保健大臣は、2月18日夕の定例記者会見において、変異株の流行増大を始めとする現在の感染状況に鑑み、2月22日(月)以降、新型コロナウイルスの陽性患者にかかる隔離期間を現行の7日間から10日間に変更する旨発表しました。なお、陽性患者との接触者にかかる扱いは変更せず、隔離期間を引き続き7日間とするとのことです。

2 ヴェラン大臣によるその他の発言概要は以下のとおりです。

<総論>

・我々はまだ第2波から抜け出しておらず、努力を怠る時期ではなく、引き続き警戒が必要。

・変異株による不確実性のため、今後数週間が鍵となる。

<検査>

・毎週200万回以上の検査が約12,000の検査センターで実施されている。

・現在、陽性結果が出た検査の大部分で変異株の解析を行っており、フランスでは、地域的な偏りはあるが、英国変異株が全体の36%、南ア・ブラジル変異株が5%を占めている。

ダンケルクでは英国変異株が72%を占め、マイヨットでは南ア変異株が69%を占める。

・来週から唾液検査を、まずは休暇後の学校と感染状況が特に悪化している県で展開する。その後、検査頻度の多い医療・介護関係者を対象に展開予定。

<ワクチン>

・フランスでワクチン接種を受けた人の平均年齢は72歳。高齢者施設の居住者の75%が少なくとも1回の接種を受けている。

・来週月曜日から、25万件以上のワクチンの予約枠を設定する。3月には1回目の接種を最低120万回実施することが目標。

アストラゼネカのワクチンについては、10日間で8万人が接種を受けた。

・2月25日から50〜64歳の併存疾患を有する人々に接種するため、約3万人のかかりつけ医が自発的に志願してくれている。

・3月中には、50〜64歳の人々はアストラゼネカのワクチンを薬局でも接種可能となる。

このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】

マルセイユ日本国総領事館

領事班

Consulat General du Japon a Marseille

70, avenue de Hambourg

13008 Marseille, France

Tel : 04 91 16 81 81

FAX:04 91 72 55 46

E mail: cgm8@my.mofa.go.jp

http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。

(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth

(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を電子届出システム(ORRネット)から提出した方で帰国又は当館管轄外に移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login