海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス感染症関連情報(ヨルダン国内感染者数等:2月15〜20日分)

●政府は、ヨルダンが、急速な感染拡大につながりかねない微妙な時期にさしかかっており、厳しい規制に戻らなければならなくなるかもしれないと述べました。

●政府は、3月1日から再開予定としていた映画館、ビリヤード場、遊園地、子供用遊技場、ギャラリー、各種イベント会場に関し、昨今の感染状況に鑑みて再開を見送る旨決定しました。

●政府は、新型コロナウイルスに感染するなどして、自宅隔離の義務があるにも拘わらず同義務に服さない者については、強制的に野戦病院に収容する方針を発表しました。

●政府は、新規感染者数につき、2月15日は2,312名、16日は2,657名、17日は2,887名、18日は1,638名、19日は867名、20日は2,200名で、累計の感染者数は359,811名となったと発表しました。

1 国内感染状況

(1)20日、アーイド政府報道官兼メディア担当相は、ヨルダンは、急速な感染拡大につながりかねない微妙な時期にさしかかっており、厳しい規制に戻らなければならなくなるかもしれないと発言しました。

 21日、同政府報道官は、「今週中にも規制委員会として新たな規制を発表することを決定した」と述べました。

(2)21日、ヨルダン政府は、3月1日から再開予定としていた映画館、ビリヤード場、遊園地、子供用遊技場、ギャラリー、各種イベント会場に関し、昨今の感染状況に鑑みて再開を見送ることを決定しました。また、追加的に新たなセクターの再開も行わないとしています。

2 学校関連

(1)20日、教育省は、段階的に対面式授業を再開させたことにより、これまでに教職員及び学生・生徒等学校関係者計1,200人が感染したことを受け、本日から再開を予定していた10及び11年生の対面式授業を1週間延期すると発表しました。

(2)21日、ハサーウネ首相は、2020年に発出された防衛令第19号を基礎とした防衛令第20号を発表しました。同防衛令は、オンライン授業の継続を内容とし、既に対面授業が実施されている1−3年生及び受験を控える12年生以外の学年に適用されます。

3 取り締まりの強化

 19日、タルフーニー内相兼司法相は、新型コロナウイルスに感染するなどして、自宅隔離の義務があるにも拘わらず同義務に服さない者については、強制的に野戦病院に収容する方針を発表しました。

4 ヨルダン国内感染状況

 ヨルダン保健省は感染者数等を次のとおり発表しました。

(1)新規感染者数につき、2月15日は2,312名、16日は2,657名、17日は2,887名、18日は1,638名、19日は867名、20日は2,200名で、累計の感染者数は359,811名となったと発表しました。

 ア 2月15日:計2,312名

   1,612名:アンマンで確認された感染者

   700名:イルビド(144)、アジュルーン(34)、ジェラシュ(44)、マフラク(20)、バルカ(206)、ザルカ(103)、マダバ(41)、カラク(33)、タフィーラ(26)、マアーン(17)、アカバ(32)で確認された感染者

 イ 2月16日:計2,657名

   1,649名:アンマンで確認された感染者

   1,008名:イルビド(226)、アジュルーン(59)、ジェラシュ(48)、マフラク(24)、バルカ(195)、ザルカ(217)、マダバ(50)、カラク(78)、タフィーラ(33)、マアーン(26)、アカバ(52)で確認された感染者

 ウ 2月17日:計2,887名

   1,918名:アンマンで確認された感染者

   969名:イルビド(192)、アジュルーン(31)、ジェラシュ(55)、マフラク(34)、バルカ(357)、ザルカ(149)、マダバ(49)、カラク(57)、タフィーラ(7)、マアーン(8)、アカバ(30)で確認された感染者

 エ 2月18日:計1,638名

   1,149名:アンマンで確認された感染者

   489名:イルビド(108)、アジュルーン(0)、ジェラシュ(16)、マフラク(33)、バルカ(85)、ザルカ(86)、マダバ(30)、カラク(65)、タフィーラ(12)、マアーン(22)、アカバ(32)で確認された感染者

 オ 2月19日:計867名

   390名:アンマンで確認された感染者

   477名:イルビド(156)、アジュルーン(5)、ジェラシュ(10)、マフラク(5)、バルカ(104)、ザルカ(136)、マダバ(6)、カラク(41)、タフィーラ(5)、マアーン(0)、アカバ(9)で確認された感染者

 カ 2月20日:計2,200名

   1,781名:アンマンで確認された感染者

   419名:イルビド(26)、アジュルーン(13)、ジェラシュ(17)、マフラク(18)、バルカ(184)、ザルカ(59)、マダバ(3)、カラク(34)、タフィーラ(1)、マアーン(21)、アカバ(43)で確認された感染者

(2)死者数は、2月15日は18名、16日は18名、17日は12名、18日は9名、19日は16名、20日は15名。

(3)PCR検査件数は、2月15日は29,225件、16日は32,347件、17日は32,850件、18日は16,133件を実施、19日は12,421件、20日は18,204件、総検査数は4,346,414件。

(4)陽性率は、2月15日は7.91%、16日は8.21%、17日は8.79%、18日は10.15%、19日は6.98%、20日は12.09%。

 本情報は、当局が公式に発表した最新情報等を中心に掲載しており、今後変更があり次第連絡いたします。

 現在の夜間外出禁止時間は、午後12時(経済活動は午後11時まで)から午前6時までとなります。これを遵守して頂くようお願い致します。

新型コロナウイルス感染症の予防法について−

 まずは、一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。

 具体的には、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などを行い、できる限り混雑した場所を避けてください。また、十分な睡眠をとっていただくことも重要です。

 さらに、人込みの多い場所は避けるとともに、屋内でお互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごす際はご注意下さい。

外務省海外安全ホームページ

https://www.anzen.mofa.go.jp/

外務省海外安全ホームページ 新型コロナウイルス

(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域の行動制限)

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

外務省 海外安全ホームページ 医療・健康関連情報

https://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/index.html

厚生労働省ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

ヨルダン保健省 Hotline 06-5004545 / Corona Virus Free Line 111

https://www.moh.gov.jo/

ヨルダン保健省 新型コロナウイルス関連ページ(アラビア語

https://corona.moh.gov.jo/ar

在ヨルダン日本国大使館

領事・警備班:担当 入江 及び 武井

TEL:962−6−5932005

FAX:962−6−5931006

P.O.Box.2835 Amman 11181 Jordan

consular@am.mofa.go.jp